フェヌグリークは、バストアップや乳汁産生促進に飲用されるハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

美容と健康と安全の知識 スポンサーリンク
子宮の病気・・・子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がんなど
妊娠・出産のハーブ・・・妊娠出産から断乳までのハーブ
PMS(生理前症候群)・・・身体的、精神的症状を示す症候群
生理痛(月経困難症)・・・月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛
更年期障害・・・憂うつや情緒不安定の精神症状を引き起こす
母乳・・・子を育てるため乳房から分泌する白色で不透明の液体
美白美肌・・・女性の美の基本となるお肌の健康

  サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   フェヌグリークの葉
名 称 フェヌグリーク
科名・属名 マメ科 フェヌグリーク属 一年草
学 名 Trigonella foenum-graecum
(トリゴネラ フォエヌム・グラエクム)
和 名 ころは (胡廬巴)
ハ ー ブ Fenugreek (フェヌグリーク)
生 薬 名 胡廬巴 (フルバ)
産地・分布 地中海地方原産で、中近東、アフリカ、インドで栽培
フェヌグリークの葉
成 分 ステロイドサポニン、フイトステロール、アミノ酸(リジン、トリプトファン)、食物繊維、
油脂、ピリジン酸アルカロイド(トリゴネリン)、ダイオスゲニン
作 用 滋養強壮、代謝調節、脂肪蓄積抑制、血中コレステロール低下、催乳、血糖値降下
適 応 栄養補給、乳汁産生促進(通乳)滋養強壮、健胃、豊胸(バストアップ)、気管支炎、
消化器疾患、関節炎、腎臓障害、男性生殖能力改善、糖尿病、高コレステロール、
便秘生理前症候群(PMS)
注 意 ・サポニンが豊富なため、胃粘膜の炎症や逆流を起こす可能性があります。
 外用での長期の使用は皮膚に悪影響を与える場合があります。
・抗凝固剤(ワーファリン)との併用はお控えください。
・過剰摂取すると鉄分の吸収を阻害する場合があります
採取・製法 サヤごと収穫.し乾燥後種子を取り出し乾燥させる フェヌグリークの種子フェヌグリークの莢
部位・形状 種子
香 り カラメルの様な甘い香り
味 覚 生のまま噛むと粘液質で、苦味がある
使用方法 大サジ1をカップに入れ熱湯を注ぐ フェヌグリークの種子と莢
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 母乳の分泌促進・・・フェヌグリーク1/2+フェンネル1/2+ラズベリー1/2
 豊胸(バストアップ)・・・フェヌグリーク1/3+プエラリア1/3+マカ1/3
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

知らず知らずにいつの間にか症状が悪くなっている スポンサーリンク
口内炎・・・口の粘膜に生じる炎症の総称
歯周病・・・歯のまわりにある組織に起こる疾患
口臭・・・口から吐く息とともに出る臭い
気管支喘息・・・過敏性になり呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す
膀胱炎・・・細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす
過敏性腸症候群・・・便秘や下痢などの便通異常を伴う腹部症状
駆風・・・胃腸内のガスを排出させ、圧迫感を除く作用

フェヌグリークの安全性
クラス:2 植物含有成分の使用に関する資格がある専門家〔医療従事者〕による
特別な指示がない限り、以下の使用制限が適用される。 
2b 注釈にあるような他の特定の使用制限がある
・種子が「医薬品的効能効果を標榜しない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に該当.。
・コロハを過剰に摂取すると、低血糖を起こす可能性がある。
・妊婦が通常の食品に含まれている量以上を経口摂取すると、子宮収縮や子宮刺激の原因となる
 可能性があるため、おそらく危険と思われる。妊婦は使用しないこと 。
・出産直前に摂取すると、新生児にメープルシロップ尿症と混同する体臭が起こる可能性がある 。
有効性
・ドイツのコミッションEでは、消化不良や食欲不振、病後の回復期のサポート、強壮、痛風
 関節炎や、リウマチ 咳の緩和に内服を勧めており、その他、代謝を向上させ体力を強化したり、
 肝機能を促進する働きも認められています。

【名称 英名 学名 用語】 索引
フェヌグリークの語源

・学名〔Scientific name〕
 Trigonella (トリゴネラ) 属名
  foenum-graecum (フォエヌム・グラエクム)種小名
  ラテン語のfaenum graecum (ギリシアの馬草)に由来。
・英名〔Herb tea〕
  fenugreek (フェヌグリーク)
  学名の種小名の語源よりギリシャに野生する牧草の意
・和名
  ころは (胡廬巴) 生薬名(胡廬巴)の音読み
 フェヌグリーク  英名より
 メッチシード、メティーシード ヒンディー語 methi メーティーに由来するとされる。
生薬
 胡廬巴 (フルバ)・・・中国
 西域から中国に導入された香辛料で「胡」がついている。定かではありませんが、廬巴は
 大根の意味で種子の形から名づけられた。アラビア語のHulbaの音訳。


広告

フェヌグリークの歴史
・紀元前7世紀ごろには古代アッシリアで始められたといわれています。
・数千年の年月を経てインドや中国へ伝播したと考えられ、現在ではモロッコやトルコなどの
 地中海沿岸諸国をはじめ、インド、ウクライナ、中国など世界各国で栽培されています。
・古代エジプトのツタンカーメン王の墳墓から発見されており、またインドでも古くから
 用いられてきた記録がある。
・中国に伝来したのは清代末期頃とされ、使用された歴史の比較的浅いものといえます。
 日本へは江戸時代に伝来したといわれる。

フェヌグリークの栽培と収穫
・種子をまいて栽培する。温暖気候の地域では、水はけのよいローム層土壌が適し、また、
 多くの石灰分を必要とする。栽培自体は簡単で、春先に種子をまくと、3~4カ月で実が完熟する
・実が完熟したら、根ごと引き抜く。脱穀しやすいように乾燥させて、さやから種子を取り出す。
 保存は十分に乾燥させてから行う。

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved