莪朮(がじゅつ)は、胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減少させるハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

がん(悪性腫瘍)について スポンサーリンク
がん(悪性腫瘍)・・・浸潤し増殖・転移する悪性のもの
肺がん・・・死亡率1位。煙草などが原因です。
・胃がん・・・男性が女性より多い。早期発見が重要です。
肝臓がん・・・肝炎ウイルスが原因。お酒の飲みすぎに注意。
大腸がん・・・食生活の欧米化が増加の原因と言われている。
乳がん・・・女性の約20人に一人。定期検診で早期発見
子宮がん・・・早期発見では、ほぼ治せます。

  サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   ガジュツの葉
名 称 ガジュツ
科名・属名 しょうが科 ウコン属 多年草
学 名 Curcuma zedoaria(クルクマ セドアリア)
和 名 がじゅつ〔莪朮〕 
むらさきうこん〔紫ウコン〕
ハ ー ブ ホワイトターメリック〔White turmeric〕
ゼドアリー〔Zeodary〕
生 薬 名 莪朮〔ガジュツ〕
産地・分布 インド、ヒマラヤ原産、東南アジアの熱帯地方で栽培。
ガジュツの葉
成 分 シオネロール、カンファー、ピネン、アズレン、クルクミン、セデロン、クルゼレノン、クルクモール、
クルクメロール、シネオール、クルコロン、フラノジエノン、カンフェン、クルクマジオール
作 用 胆汁分泌促進、消化器機能改善、駆風、抗炎症、抗菌、胃液分泌抑制、コレステロール低下
胃の「ヘリコバクター ピロリ菌」の除菌、肝機能強化
適 応 肝臓機能障害胃・十ニ指腸潰瘍、消化器不全、ダイエット便秘、解毒
注 意 ・まれに皮膚がかゆくなるなどのアレルギー症状が出る事があります
・胆石のある方は量を控えるか避けて下さい〔胆嚢を刺激する作用がある為〕
採取・製法 2~5月に肥大した主根茎と側根茎を採取し乾燥 乾燥し粉末にした根茎〔こんけい〕ティー
部位・形状 ガジュツの根茎、粉末。
香 り 漢方胃腸薬の香り
味 覚 苦い薬の味
使用方法 1カップに小サジ1/2杯を入れ熱湯を注ぐ。
ガジュツ乾燥粉末とティー
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 十二指腸潰瘍 ・・・・ガジュツ1/3+ウコン1/3+延命草1/3
 ダイエット・・・・・・・・・・・・ガジュツ1〔毎食後〕
備 考 ガジュツの花 ガジュツの根
ガジュツの花 ガジュツの根
・葉は【ウコン】と違い上面に1対の紫色の筋がある。花は淡いピンク色
・紫ウコンとは、生の根茎を輪切りにすると紫色をしている事から呼ばれている
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

わずかな体の変化を見過ごしにしない スポンサーリンク
滋養強壮・・・栄養補給と健康的にして、強い体を作る
薄毛・・・びまん性脱毛症とは、女性にみられる脱毛症のこと
貧血・・・赤血球数の低下、ヘモグロビンの値が低下した状態。
鬱症状・・・気分障害の一種、不眠などを特徴とする精神疾患
片頭痛・・・明らかな脳の病変を伴わない頭痛
生活習慣病・・・健康で長生きするには予防が大切になります
悪性腫瘍(がん)・・・5大がん(肺・胃・大腸・子宮・乳)

ガジュツの安全性
クラス:2 植物含有成分の使用に関する資格がある専門家〔医療従事者〕による
特別な指示がない限り、以下の使用制限が適用される。 
2b 妊娠中に使用しない
・適切に使用すれば安全であろう。
・授乳中については資料が十分でないので使用は避ける。
・月経過多の場合は注意して用いること、月経中は使用禁止。
・治療目的での使用は十分な資料がないので勧められない。
・サプリメントや医薬品との併用に関する資料は見当たらない。

【名称 英名 学名 用語】 索引
ガジュツの語源
・学名〔Scientific name〕
 Curcuma 〔クルクマ〕 属名
  アラビア語のkurkum〔黄色〕に由来する。
 zedoaria 〔セドアリア〕 種小名
  古代ペルシャ語のzadwar〔ザドワール〕に由来
・英名〔Herb tea〕
 White turmeric 〔ホワイトターメリック〕
  根茎がウコン〔ターメリック〕に似ているが白いところから
 Zeodary 〔ゼドアリー〕 学名の種小名より
・和名
 莪朮 〔がじゅつ〕
  漢名をそのまま、音読みにして、ガジュツになりました。
 紫ウコン 〔むらさきうこん〕
  生の根茎を根茎を輪切りにすると紫色をしている事から。・・・・上記画像参照
  紫色は、乾燥して粉末にすると消えてしまいます。
・胃腸薬
  漢方胃腸薬の独特の香りはガジュツを配合している可能性があります。
  漢方胃腸薬【恵命我神散】は、主成分としてガジュツを約80%含んでいます。
・生薬
 莪朮〔ガジュツ〕

広告

ガジュツの歴史
・中国では649年薬性論に莪朮〔ガジュツ〕の記載がある。
・中国宋時代の薬草解説書【開宝本草】〔973~974年〕の中で、莪朮は、蓬莪茂(ほうがしょく)
 という名称で収録されています。
・日華子本草〔唐代〕では、莪朮〔ガジュツ〕のことを南部地方の薑黄〔きょうおう〕の根である。
 そのなかで海南に生ずるものを蓬莪茂と名づける。一切の気を治し胃を開き、食物を消化し、
 月経を通じ、汚血を消し、撲捐痛〔ぼくえんつう〕及び内損の悪血を止めると解説しています。
・ドイツに於てはヒルデガルド〔1098~1179〕の〔病因と療法〕には、胃腸薬として記載。
・日本に於ては福田方〔1368年僧有隣〕に記載されている。
・薩摩藩主島津義弘公が、1603年〔慶長8年〕種子島家の十六代当主種子島久時公に
 莪朮〔ガジュツ〕の薬方を伝授したとの記録があります

ガジュツの栽培方法
・ガジュツ(莪朮)は寒さに弱いため,我が国では種子島や屋久島、沖縄など無霜地域で
 行われています。しかしながら、冬期は土中から掘り上げてしまえば,本州でも栽培は可能です。
・よく堆肥を入れた排水のよい畑に3月ごろ、あらかじめ株分けして2~3日切り口を乾かした根茎を
 20~30cm程度の間隔で、畝の間隔は60cmぐらいで植え付けます
・10~11月ころ、ガジュツ(莪朮)の葉が黄色に変化すると根茎を採取して、湯通しして陰干にして
 乾燥させるか輪切りにして陰干しにして乾燥させます。

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved