ハトムギ(ヨクイニン)は、イボ取りや美白に飲用するハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

がん(悪性腫瘍)について スポンサーリンク
がん(悪性腫瘍)・・・浸潤し増殖・転移する悪性のもの
肺がん・・・死亡率1位。煙草などが原因です。
・胃がん・・・男性が女性より多い。早期発見が重要です。
肝臓がん・・・肝炎ウイルスが原因。お酒の飲みすぎに注意。
大腸がん・・・食生活の欧米化が増加の原因と言われている。
乳がん・・・女性の約20人に一人。定期検診で早期発見
子宮がん・・・早期発見では、ほぼ治せます。

  サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   種子と葉
名 称 ハトムギ
科名・属名 いね科 ジュズダマ属 一年草
学 名 Coix lacryma-jobi var. ma-yuen
(コイックス ラクリマーヨビ メーヤン)
和 名 はとむぎ〔鳩麦〕 しこくむぎ〔四国麦〕
ハ ー ブ ヨブスディアズ〔Job's tears〕
パールバーレイ〔Pearl Barley〕
生 薬 名 薏苡仁〔ヨクイニン〕
産地・分布 東南アジア、中国、日本。
ハトムギの種子
成 分 コイクセノリド、タンパク質、カルシュウム、鉄、カリウム、ビタミンB2、カンペステロール、
スティグマステロール
作 用 腫瘍抑制、利尿、代謝活性、排膿、消炎、抗ウイルス、筋弛緩、鎮痛、皮膚浄化、中枢抑制
適 応 イボ、 十二指腸潰瘍リウマチ、神経痛、関節炎、喘息、鼻炎、皮膚炎、美肌むくみ
シミ、ソバカス〔色素沈着〕、イボ(腫瘍)
注 意 体を冷やす作用があるので妊婦は注意して下さい。
採取・製法 秋にハトムギの種子を採取し乾燥後焙煎。 乾燥し焙煎した種子ティー
部位・形状 ハトムギの種子、原体。
香 り こうばしい香り
味 覚 あっさりして飲みやすい
使用方法 1カップに小サジ1杯〔砕いて〕を入れ熱湯を注ぐ。
焙煎したハトムギとティー
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 イボ〔ポリープ〕・・・・・ハトムギ1+アガリクス3片+桑黄1/2+霊芝1/2
 美肌、美白・・・・・・・・ハトムギ1+ルイボス1/2+へザーフラワー1/2
備 考 ヨクイニンとティー 【ヨクイニン】
 生のハトムギの殻を取り除いたもの
 ご飯に1~2割混ぜて炊く、又は
 お粥にしたりする。
 その他料理に使用する。
ヨクイニンとティー
ハトムギの葉と花 ハトムギの花
ハトムギの葉と花 ハトムギの花
・数珠玉 (ジュズダマ)〔Coix lacryma-jobi〕 【川穀〔センコク〕】は、【ハトムギ】の野生種〔原種〕、
 効果は同じだが少し劣る。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

目の健康と安全の知識 スポンサーリンク
白内障・・・無色透明だった水晶体が濁ってきたもの
緑内障・・・情報の橋渡しをしている視神経の異常
ドライアイ・・・眼の表面が乾いて、いろいろな症状を起こす
眼精疲労・・・眼が重く感じる、眼が痛くなりかすんでくる
加齢黄斑変性・・・脈絡膜から新生血管を生じる病気
糖尿病網膜症・・・黄斑症や増殖網膜症に至ると失明する
めまい・・・目が回るようなくらくらとした感覚の総称

ハトムギの安全性
クラス:2 植物含有成分の使用に関する資格がある専門家〔医療従事者〕による
特別な指示がない限り、以下の使用制限が適用される。 
2b 妊娠中に使用しない
・ヒトに対する安全性については信頼できる充分なデータは見当たらない。
・ただし江戸時代から用いられた歴史があるので、通常の摂取では問題はないであろう。

【名称 英名 学名 用語】 索引
ハトムギの語源
・学名〔Scientific name〕
 Coix 〔コイックス〕  属名
  古いギリシャ名のcoix〔シュロ〕から。
 lacryma-jobi  〔ラクリマーヨビ〕 種小名
  ヨブの涙 〔花序の形から〕
 ma-yuen 〔メーヤン〕
  漢の武将 馬援〔Ma Yuan〕の名前から。
・英名〔Herb tea〕
 Pearl Barley 〔パールバーレイ〕 生の殻を取り除いたもので真珠のように丸いから。
 Job's tears 〔ヨブスディアズ〕 学名より
・和名
 鳩麦 〔はとむぎ〕
  「鳩が好んで食べる」という説、多収穫なので「八斗麦」という説もある。
 四国麦 〔しこくむぎ〕 山口地方の呼び名。四国から伝来した意味なのか定かではない
 弘法麦 〔こうぼうむぎ〕 弘法大師が 唐より持ち帰り、 日本で移植した説。
・和名の俗名・・・数珠玉 〔じゅずだま〕
  昔は仏事に使う数珠の材料から。小川の水際の土手にたくさん生えていた。
  糸を通してネックレスを作ったりお手玉の中に入れた。
・生薬・・・苡仁〔ヨクイニン〕
生の鳩麦の種皮を除いた種子のこと。漢方ではイボ取りに使用される。

広告

ハトムギの歴史
・後漢書〔5世紀前半成立〕の中の〔馬援伝〕に、馬援〔Ma Yuan〕という名の将軍が
 ハトムギを現地で愛用したおかげで、70才を越す老齢にもかかわらず、
 いまのベトナムあたりまでの遠征から無事帰還したといった 記述があります。
・中国の古書の神農本草経〔しんのうほんぞうきょう〕には、筋肉が異常緊張してひきつり、
 屈伸できないもの、関節炎、リウマチの疾患、疼痛のある身体マヒによいとあります、
 久しく服すれば強壮薬にもなると記載されています。
・美肌やイボとり、母乳を増すという記載は漢方には無くて、古くに貝原益軒〔かいばらえきけん〕が、
 1708年に民間で行われていた療法を大和本草〔やまとほんぞう〕に紹介したのが始めてです。

ハトムギの栽培方法
・4月上旬から下旬ころに、種子をまいて、2cmくらいの厚さに土をかぶせます。
 1~2週間で発芽します。
 麦の栽培と同様に肥料をあたえます。 夏の盛りには1m程度に成長し、8~9月ころに花が咲き、
 10月ころに数珠球(ジュズダマ)に似た直径1cmほどの実が成るので収穫します。
・果実と種皮をむいて天日で乾燥させます、乾燥したハトムギを殻を砕いてから弱火で
 炒ってから缶などで保存して必要なときに使用します。 炒ったものは、非常に香ばしい味の
 ハトムギ茶になります。
・9~10月頃に刈り採って、ややかたい苞、果皮を手でむいてから日干しにします。
 これを生薬(しょうやく)で苡仁(よくいにん)といいます。


著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved