コラーゲン(Collagen)は、関節炎、骨粗鬆症、動脈硬化の予防と改善に使用する

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

美用と健康を追求することは、生活を豊にする スポンサーリンク
アロマセラピー・・・精神的な癒し、安心、心の安定につながる
美白美肌・・・女性の美の基本となるお肌の健康
エステティック・・・痩身や脱毛、美白を始めとした、全身の美容術
豊胸(バストアップ)・美乳・・・バストの悩みを持つ女性は多い
プラセンタ・・・美白などお肌にとっての大切な栄養素
ポリフェノール・・・植物に含有され、その数は5000 種以上ある
エストロゲン・・・女性の健康・美用・生活に深くつながるホルモン

 サイト内の関連するページと広告

保  存  ハーブ栽培記録一覧表   拡大したコラーゲン組織
名   称 コラーゲン
科名・属名 コラーゲン ペプチド
学   名 Collagen peptide(コラーゲン ペプチド)
和   名 こらーげん〔コラーゲン〕
ハ ー ブ コラーゲン〔Collagen〕
生 薬 名
産地・分布 世界各地
コラーゲンの顕微鏡画像
成   分 コラーゲンペプチドとはコラーゲンの組織を吸収が良くなるように化学的に細かくしたもの
作   用 結合組織強化、骨組織強化、組織老化防止
適   応 老化防止、関節炎、骨粗鬆症動脈硬化、肌荒れ、シワ、養毛
採取・製法 豚皮原料を加工してコラーゲンペプチドを精製する 豚皮を加工後粉末にするティー
部位・形状 豚皮、粉末
香   り ほとんどない
味   覚 味もしない
使用方法 コラーゲンを約5~10g〔小サジ1杯~大サジ1杯〕毎日摂取する。
コラーゲンは、コーヒー・紅茶などの飲み物に溶かして飲めます。ヨーグルト・野菜ジュースなどに混ぜる
コラーゲンは、そのまま粉薬のようにオブラートに包み飲まれてもかまいません。
ブ レ ン ド
(単位小サジ)
 美肌・・・・・・・・・コラーゲン1/2+ローズヒップ1/2+ルイボス1/2
 関節痛・・・・・・・コラーゲン1/2+キャッツクロー1/2+紫イペー1/2
 骨粗鬆症・・・・・コラーゲン1/2+シモン芋1/2+明日葉1/2
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

わずかな体の変化を見過ごしにしない スポンサーリンク
眼精疲労・・・眼の疲労感、全身にも疲労が起こること
加齢黄斑変性・・・脈絡膜から新生血管を生じる病気
貧血・・・赤血球数の低下、ヘモグロビンの値が低下した状態。
鬱症状・・・気分障害の一種、不眠などを特徴とする精神疾患
片頭痛・・・明らかな脳の病変を伴わない頭痛
PMS(生理前症候群)・・・身体的、精神的症状を示す症候群
更年期障害・・・憂うつや情緒不安定の精神症状を引き起こす

コラーゲンの安全性
クラス:分類なし ヒトに対する安全性については参考になる十分なデータは見当たらない。
・通常の摂取では問題わないと思われる。
・ニワトリコラーゲンの安全性については十分なデータがない。
・安全性についてはヒトでの十分な科学的実証データがない。したがって妊娠中・授乳中の安全性も不明である。
・体内での合成にはビタミンCが必要である
・アレルギーなどでタンパク質に過剰反応する人は注意が必要である。
・他のハーブやサプリメント、食品、医薬品との相互作用は知られていない。
・臨床検査値に対する影響は知られていない。

【名称 英名 学名 用語】 索引
コラーゲンの語源
・学名〔Scientific name〕
 Collagen 〔コラーゲン〕
  ギリシャ語に由来し、Kolla〔コラー〕は膠〔にかわ〕でgen〔ゲン〕は〔~のもと〕という意味。
 peptide 〔ペプチド〕
  ギリシャ語のpepsis〔消化する〕に由来。
・膠(にかわ)
  動物の皮や骨を石灰水で煮出して固めたもので、古くから接着剤などとして使われていた。
  コラーゲンは膠の原料である、動物の骨や皮にたくさん含まれている化合物。
・骨 (ほね)
  コラーゲンの組織の間にリン酸カルシウムの結晶を結合したもの。筋肉と骨を結びつける
  「腱」はほとんどがコラーゲンです。生命の基本単位である細胞と細胞を結びつけます。
  ヒトの体形を保つのに、コラーゲンは不可欠な成分です。
・フランス
 collage 〔コラージュ〕
  絵や写真などを切り貼りする技法をフランス語でcollage〔コラージュ〕といいますが、
  これも紙を貼り付けるのに膠を使っていたことに由来。

広告

コラーゲンの飲用について
飲  用 ・コラーゲンは、皮膚、血管、腱、歯などの組織に存在する繊維状のタンパク質で、からだを構成する
 全タンパク質の約30%を占めている。コラーゲンの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、
 その他に血管や内臓など全身に広く分布している。
コラーゲンの吸収  ①タンパク質の構成要素であるアミノ酸に分解
             ②不足しているタンパク質から優先的に合成
 ・他のタンパク質が不足しているとコラーゲンにはならない。
  食事制限のダイエットではタンパク質不足になりやすい。
 ・コラーゲンだけを積極的に摂っても、体内のバランスが悪いければ、それはコラーゲンとしては
  合成してくれなくなってしまうのです。
 ・コラーゲンとして合成させるには、良質なタンパク質を日頃からしっかり摂っておくことが大切です。
 ・ビタミンCを一緒に摂取すると、コラーゲンの吸収が高まり、鉄分を一緒に摂取するとコラーゲン合成が
  促進されやすくなります。フルーツなどと一緒に摂ると、効率よくコラーゲンを吸収できます。
  ただし、余分な糖分はコラーゲンの生成を阻害するので、甘味の食べすぎには細心の注意が必要です。
 ・コラーゲンペプチドとは、豚の皮に大量に含まれるコラーゲンを加水分解して、低分子化し、体内で
  吸収しやすくした高純度のタンパク質です。ゲル化能がなく、冷却してもゼリー状にならないので、
  飲料やスープなどに用いた場合、ゼラチンよりも大量摂取が可能です。

コラーゲンの歴史
・コラーゲンが地球で初めて誕生したのは、地球上の生命の起源と大きく関係し、全球凍結後の6億~8億年前と
 考えられています。 全球凍結の状態が終わり、急激な気候変動の影響でコラーゲンの産生に必要な酸素が大量に
 作られることで、単細胞生物がコラーゲンを作り出す事に成功し、そのコラーゲンが細胞同士の接着に利用され、
 多細胞化が促進されたと考えられています。
・人類が利用し始めたのは古代エジプトの膠作りから始まっているようです。当時は接着剤に多く用いられていたと
 考えられています。人々は大昔からの歴史を受け継ぎ、日常生活の中で利用していきました。
・本格的に工業生産が始まったのは1690年のオランダでのことです。生産はさらに広がりを見せ、1700年代に入ると
 イギリスでは主要産業になりました。1800年代には、その製造方法がフランス、アメリカ、ドイツなどにも伝わり、
 完全に工業化されて今に至っているというわけです。

コラーゲンの生産
・コラーゲンを多く含む食品としては、鶏の手羽や、フカヒレ、牛すじ、鶏皮などがある。
・コラーゲンペプチドは、低分子化〔長い分子を切断して短い分子にする〕して体内に吸収しやすくなっている。


著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved