キャッツクロー(Cat's Claw)は免疫力改善し抗ウイルスに飲用するハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
広告

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

美容と健康と安全の知識 スポンサーリンク
子宮の病気・・・子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がんなど
妊娠・出産のハーブ・・・妊娠出産から断乳までのハーブ
生理痛(月経困難症)・・・月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛
悪性腫瘍(がん)・・・5大がん(肺・胃・大腸・子宮・乳)
メタボリックシンドローム・・・肥満は、多くの重大な疾患の原因
生活習慣病・・・健康で長生きするには予防が大切になります
不眠・・・精神不安やストレスなどが原因の現代病


保 存  ハーブ栽培記録一覧表   キャッツクローの葉
名 称 キャッツクロー
科名・属名 あかね科 ウンカリア属 つる性多年草
学 名 Uncaria Tomentosa(ウンカリア トメントサ)
和 名 きゃっつくろー〔キャッツクロー〕
ハーブ キャッツクロー〔Cat's Claw〕 
ウーニャ・デ・ガト〔Una de Gato〕
ホークスクロー〔Hawk's claw〕
生薬名 猫爪〔ビョウショウ〕
産地・分布 アマゾン奥地の熱帯雨林。
キャッツクローの葉
成 分 イソテロポディイン、テロポディイン、イソミトラフィリン、ポリオキシジェンミトラフィリン、
イソリンコフィリン、リンコフィリン、キノビック酸グリコシド、プロアンソシア二ディ、
トリテルペン、ヒドロシンドール・アルカロイド
作 用 腫瘍抑制、肝機能改善、抗ウイルス、抗アレルギー、抗炎症、抗リウマチ、抗エイズ、鎮痛
化学物質の副作用軽減、血圧降下、コレステロール抑制、抗血栓、、慢性疲労回復、免疫力強化
適 応 ウイルス性肝炎肝機能障害がん予防、ヘルペスリウマチ、関節炎、気管支炎
気管支喘息疲労回復
注 意 ・妊娠中は使用を控える。
・多量に摂取すると吐き気や頭痛を起こす事がある。
採取・製法 キャッツクローの、非常に硬い樹皮を採取し乾燥。 乾燥して粉末にした樹皮ティー
部位・形状 キャッツクローの樹皮、木部、粉末。
香 り 香りはほとんどしない
味 覚 かなり苦い味
使用方法 約3g〔小さじ1/3杯〕を、1日3回飲む。〔痛みが強い場合〕
キャッツクローの粉末加工した樹皮とティー
ブ レ ン ド
(小サジ)
 抗がん・・・・・・・・・キャッツクロー1/2+アガリクス粉1/2+桑黄1/2
 抗ウイルス・・・・・キャッツクロー1/2+エキナセア1/2
 胃腸障害・・・・・・キャッツクロー1/2+ガジュツ1/2
 ※個人の状態に合わせて3gから初めて減らしていくか、1gから増やしていく方法があります。
  通常の使用量は1g前後が適量でしょう。
備 考 キャッツクローのトゲ キャッツクローの葉
キャッツクローのトゲ キャッツクローの葉
・キャッツクローの乾燥しカットした樹皮(右画像)
・枝には猫の爪にそっくりのトゲがあるので
 キャッツクローと呼ばれる。
 樹皮を採取し乾燥してから粉末加工を行う。
キャッツクローの乾燥しカットした樹皮
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告
体調管理は美容と健康の基本
不眠症・・・入眠や眠り続けることができない睡眠障害
日焼け・・・紫外線を浴びて、皮膚が赤く炎症を起こす
花粉症・・・花粉の飛散期に一致して症状がおこる
肝臓機能障害・・・肝炎・肝硬変に進行する可能性がある
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
動脈硬化・・・動脈が老化し、弾力性が失われて硬くなる
体臭・・・汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解される

キャッツクローの安全性
クラス:4 分類のための十分なデータが入手できないハーブ
・適切な短期間の経口摂取では安全性が示唆されている。
・妊娠中の経口摂取は危険性が示唆されているので使用を避ける。
・授乳中の安全性については信頼できるデータが十分にないので使用を避ける。
・経口摂取によって頭痛やめまい、嘔吐、一時的な下痢、便秘、消化不良、リンパ球増加症、赤血球増加症、
 座瘡の悪化を誘発する可能性がある。
・有効性
 特定の製品や抽出物の経口摂取で、変形性関節症、リウマチ性関節炎に対して有効性が示唆されている。

キャッツクローと医薬品の併用
薬   剤
併用注意
・キャッツクローは血圧を下げる可能性があるため、降圧剤との併用により、
 低血圧をおこす可能性がある 。
・免疫を刺激するので理論的には、免疫抑制剤の作用に影響する可能性がある
・薬物代謝酵素CYP3A4で代謝される医薬品 (ロバスタチンやケトコナゾールなど) の
 代謝を抑制し、それらの医薬品濃度が上昇する可能性がある。
・キャッツクローはタンニンを含むため、理論的には鉄の吸収が阻害される可能性がある 。
・他のハーブやサプリメント、食品との相互作用は知られていない。
 臨床検査に対する影響は知られていない 。

飲用不可

・皮膚移植患者、臓器移植患者、血友病患者が新鮮血漿を投与されている場合、
 ある特定のワクチンを同時に使用している場合、
・ホルモン療法、胸腺を摘出した場合、
・インスリンを投与している場合、
・3歳以下の小児には禁忌である。
注意報告 ・適切な短期間の経口摂取では安全性が示唆されている 。
・キャッツクローは堕胎作用を持つ可能性があるため、妊娠中の経口摂取は危険性が
 示唆されている。
 妊娠中は使用を避ける。
・授乳中の安全性については信頼できるデータが十分にないので使用を避ける 。
・キャッツクローの経口摂取によって頭痛やめまい、嘔吐、一時的な下痢、便秘、消化不良、
 リンパ球増加症、赤血球増加症、座瘡の悪化がおこる可能性がある 。
・キャッツクローは掻痒や蕁麻疹などのアレルギー反応を起こす可能性がある。
・坐骨神経痛および椎間板ヘルニアの原病歴のある15歳女性が、キャッツクローを主成分とする
 サプリメント (キャッツクロー、ワイルドローズフォルテ、ノニ、マカ、カロチノイドを含有) を
 1日約30錠およびクロレラを1日約12錠、処方鎮痛薬と2ヶ月間併用したところ、薬剤性肝障害を
 発症したという 報告がある (リンパ球刺激試験ではクロレラのみ陽性) 。
・全身性エリテマトーデス (SLE) など自己免疫疾患の患者は、使用を避ける 。
・全身性エリテマトーデスの既往歴があり、プレドニゾン、アテノロールなどの医薬品を
 服用していた35歳女性 (アメリカ) が、関節炎の改善を目的に、キャッツクロー抽出物を
 1カプセル×4回/日併用したところ (摂取期間不明) 、血清クレアチニン値の上昇、
 タンパク尿、血尿などが生じ、急性のアレルギー性間質性腎炎と診断された。
 キャッツクローの摂取中止により症状が改善したとの報告がある 。
・理論的には、キャッツクローの摂取は、白血病に罹患している人の疾患活動性が悪化する
 可能性がある。

【名称 英名 学名 用語】 索引
キャッツクローの語源
・学名〔Scientific name〕
 Uncaria 〔ウンカリア〕 属名
  ラテン語のuncus〔曲がる、かぎ形になる〕。茎にかぎ状に曲がった刺があるから。
 tomentosa 〔トメントサ〕 種小名
  トメントーサはラテン語で 〔密な綿毛のある〕の意味です。
・英名〔Herb tea〕
 Cat's Claw 〔キャッツクロー〕 猫のような爪があることからスペイン語の英訳です。
 Una de gato 〔ウーニャ・デ・ガト〕
  スペイン語でUna=爪、 de=の、 gato=猫 です。
 Hawk's claw〔ホークスクロー〕 鋭い爪の表現として鷹の爪としたのだろう
・和名・・・猫の爪 〔ねこのつめ〕 Cat's Claw〔キャッツクロー〕の和訳。
・鉤蔓〔カギカズラ〕の仲間 
 日本には近縁種のカギカズラ U. rhynchophylla〔リンコフィラ〕があり、同様にとげの部分を
 釣藤鈎〔チュウトウコウ〕として鎮静・鎮痛・精神安定・血圧降下に使用。
・生薬・・・ 猫爪〔ビョウショウ〕
  和名と同じく爪に形状から

キャッツクローの歴史
・インカ帝国の先住民族によってリウマチなどの痛みに対する伝承薬として利用されてきた。
・1960年代中頃、ヨーロッパで教員をしていたアルトゥーロ・ブレル氏や米国のエウゲネ・ウィットワース氏に
 より初めてキャッツクローの伝統的な利用法が記録され始め、サンプル収集や活性成分の
 調査が開始されました。
・1970年代になると、オーストリアの民俗学者でもあるクラウス・ケプリンガーによりキャッツクローに関する
 最初の完成した研究がオーガナイズされました。
・1970~80年代にかけて行われたケプリンガーの研究が、現在オーストリアとドイツで処方薬として
 販売されている
 いくつかのキャッツクローエキス〔アルカロイド〕の抽出方法とこれらの免疫強化作用に関する
 4つの特許へと繋がり、キャッツクローが熱帯雨林原産の貴重な薬用植物として世界的に注目される
 きっかけとなりました(
・WHOは1994年5月ジュネーブ会議でキャッツクローを副作用のない抗炎症剤として公式に認定しました。
 キャッツクローは免疫強化作用を持つ薬用植物と思われる。
・原産国ペルーではアルベルト・フジモリ大統領によって、産業価値が見出され、1995年には人工的に
 計画栽培されるようになった。これは「フジモリ計画」と呼ばれる国家プロジェクトで、その背景には貧困な
 現地住民の現金収入源となっている麻薬(コカ)栽培をキャッツクロー栽培に 切り替えることで、
 麻薬撲滅と貧困解消を図るねらいがあった。

キャッツクローの栽培と収穫
Uncaria種は世界に60種以上発見されており、世界中の熱帯雨林地方に自生する。
 日本にもカギカズラ( U. rhynchophylla)と言う植物があり、とげの部分は「釣藤鈎」として漢方薬で使用される
・半日陰を好みますが日向でも育ちます。湿潤で肥沃な土壌を好み乾燥を嫌います。
 剪定をする場合は冬季は避けたほうがよいでしょう。日向か半日陰で栽培。

サイト内の関連するページと広告

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved

広告