メリッサは、駆風(腸内のガス抜き)、ストレス性胃腸障害に飲用するハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
広告

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

目の健康と安全の知識 スポンサーリンク
白内障・・・無色透明だった水晶体が濁ってきたもの
緑内障・・・情報の橋渡しをしている視神経の異常
ドライアイ・・・眼の表面が乾いて、いろいろな症状を起こす
眼精疲労・・・眼が重く感じる、眼が痛くなりかすんでくる
めまい・・・目が回るようなくらくらとした感覚の総称
滋養強壮・・・栄養補給と健康的にして、強い体を作る
脳卒中・・・脳血管障害といいます。中風とも呼ばれる

 サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   メリッサの葉
名 称 メリッサ〔レモンバーム〕
科名・属名 しそ科 メリッサ属 多年草
学 名 IMelissa officinalis(メリッサ オフィキナリス)
和 名 せいようやまはっか〔西洋山薄荷〕
こうすいはっか〔香水薄荷〕
ハ ー ブ メリッサ〔Melissa〕 レモンバーム〔Lemon balm〕
バームミント〔Balm mint〕 
生 薬 名 香蜂草〔コウホウソウ〕・・・中国
産地・分布 ヨーロッパに広く分布。
メリッサの葉
成 分 シトロネラール、ポリフェノール、タンニン、フラボノイドロズマリン酸
作 用 鎮静、抗鬱、消化促進、発汗促進、末梢血管弛緩、神経系の緩和、虫除け、抗ウイルス、
抗菌、抗痙、解熱、甲状腺機能抑制、
適 応 軽い鬱症状駆風、ストレス性胃腸障害、神経症、甲状腺機能昂進、不安、動悸、緊張性頭痛、つわり
小児の疳の虫、 【外用】ヘルペス、ただれ、痛風、虫刺され、虫除け
妊娠・出産を快適に過ごす為のハーブ類
採取・製法 メリッサの開花時期に、全草を採取し乾燥。 乾燥した葉ティー
部位・形状 メリッサの葉、茎、小刻み。
香 り レモンのような香り。
味 覚 爽やかなミント系の味
使用方法 メリッサを1カップに小さじ1杯入れ熱湯を注ぐ。
乾燥したメリッサとティー
ブ レ ン ド
(小サジ)
 健胃整腸・・・・・・メリッサ1/2+ローマンカモミール1/2+メドウスイート1/2+ホップ1
 むかつき・・・・・・メリッサ1/3+ペパーミント1/3+レモングラス1/3
 食欲増進・・・・・・メリッサ1/3+ペパーミント1/3+マジョラム1/3
 リラックス・・・・・・メリッサ1/2+リンデン1/2
備 考 メリッサの花 メリッサの葉
メリッサの花 メリッサの葉
・メリッサの由来は、花の香りにミツバチがたくさん集まってくるのでラテン語で
 メリッサ〔みつばち〕と言われていたことによる。
薬 剤
併用注意
シクロホスファミド〔抗ガン剤〕
  〔種々のガンに対する化学療法に使用する〕
  併用によりハーブの抗酸化作用でシクロホスファミドの効果を減弱させる
レボチロキシン〔甲状腺ホルモン補充薬〕
  〔合成ホルモン剤で甲状腺機能不全〔甲状腺活性低下〕に処方される〕
  併用すると甲状腺ホルモンの働きを阻害する
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告
食事は健康に基本です
脂質異常症・・・・高脂血症と呼ばれる血中脂質の異常
痛風・・・高尿酸血症状態で、起こる急性の関節炎
糖尿病・・・慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です
糖尿病網膜症・・・黄斑症や増殖網膜症に至ると失明する
糖尿病性神経障害・・・神経が部分的に死滅することが原因
糖尿病性腎症・・・腎不全疾患の原因の第1位です
肩こり・・・肩、肩甲部など筋肉の緊張を中心とする不快感

メリッサの安全性
クラス:1 適切に使用する場合は、安全に摂取することができるハーブ。
・食品に通常含まれる量を摂取する場合はおそらく安全と思われる。
・医療目的で経口摂取もしくは外用で短期間使用する場合は安全性が示唆されているが、
 使用期間は最長で14日間である。
・妊娠中・授乳中における安全性については信頼できる充分なデータがないため、摂取は避けたほうがよい。
・葉は、医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質〔原材料〕に区分される。
 米国ではGRAS〔一般的に安全と見なされる物質〕認定されており、焼いた食品には最大0.5%まで
 添加することができる。
有効性
・経口摂取で睡眠改善、アルツハイマー病に対して、有効性が示唆されている。
・外用で口唇ヘルペスに対して有効性が示唆されている。

【名称 英名 学名 用語】 索引
メリッサの語源
・学名〔Scientific name〕
 Melissa  〔メリッサ〕 属名
  ギリシア語Melissa〔ミツバチ〕が語源。
  ギリシャ神話で神々の王として知られるゼウスは、父クロノスが「お前は息子に
  殺される」と予言されたために母レアーにより隠されました。そしてハチミツで
  育てられたと言われています。
  このとき世話をした女性の名がメリッサの語源と言われる説。
 officinalis 〔オフィキナリス〕 種小名
  〔薬用の〕意味。
・英名〔Herb tea〕
 Lemon balm 〔レモンバーム〕
  レモンの香りの鎮痛剤の意味。
  balmは、香膏〔こうこう〕・〔~を癒す〕を意味するラテン語balsamum〔バルサム〕の
  短縮形が語源。
 Melissa 〔メリッサ〕 学名から
 スウイートバーム〔Sweet balm〕
・和名
 西洋山薄荷 〔せいようやまはっか〕
  ハッカに似た香りを持ち、外来の植物であることから。
・生薬
 香蜂草〔コウホウソウ〕・・・中国 学名から

広告

メリッサと医薬品の併用
薬   剤
併用注意
シクロホスファミド〔抗ガン剤〕
  〔種々のガンに対する化学療法に使用する〕
  併用によりハーブの抗酸化作用でシクロホスファミドの効果を減弱させる
レボチロキシン〔甲状腺ホルモン補充薬〕
  〔合成ホルモン剤で甲状腺機能不全〔甲状腺活性低下〕に処方される〕
  併用すると甲状腺ホルモンの働きを阻害する

メリッサの歴史
・栽培が始まったのは紀元前とされ、2000年以上にわたる歴史を持つ。アメリカ大陸が発見されるまでは
 ヨーロッパの糖源は蜂蜜だけだったので、長い間、薬効よりもミツバチを集める植物として大切にされていた。
・ホメロスの「オデッセイ」にも言及されている植物。
・8世紀から9世紀頃より、長生きする〔若返りの薬草〕と信じられていました。フランスのシャルルマーニュ王は、
 領地の修道院より取りよせていたと言われています。
・パラケルスス〔1493~1541〕は不老不死の霊薬。ジョン・エヴェリン〔1620~1706〕は脳の特効薬、記憶力を強化し
 すみやかに憂鬱を払うと述べている。

メリッサの栽培と収穫
・日当たりのよい場所と、水はけがよく保水性のある肥沃な土を好みます。やや湿り気のある土が適していますが、
 土質は特に選びません。生育が早く、比較的、日光不足や寒さ暑さにも強く、丈夫で育てやすいハーブです。
 夏は乾燥のしすぎや水の与えすぎに注意して管理し、収穫を兼ねて葉を刈り取り、風通しよく保ちます。
 春か秋に種まき・株分け・挿し木(茎)で増やします。
・花が咲き始めたら全草を刈り取り乾燥させる。


著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved