モロヘイヤは、老化防止や疲労回復、生活習慣病、骨粗鬆症に飲用するハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

名 称  モロヘイヤ モロヘイヤの葉
科名・属名 しなのき科 ツナソ属 一年草
学 名 Corchorus olitorius (コルコウルス オリトリウス)
和 名 たいわんつなそ〔台湾綱麻〕 しまつなそ〔縞綱麻〕
ながみつなそ〔長実綱麻〕
ハ ー ブ ムルヒーヤ〔Mulukhiyya〕、ジュート〔Jute〕 
モロヘイヤ〔Molocheiya〕・・・アラビア
生薬名 長蒴黄麻〔チョウサクコウマ〕
産地・分布 熱帯アジア原産、各国で栽培。
モロヘイヤ
成 分 カロテン、ビタミンB群、ミリセチン、カルシュウム、食物繊維、カリウム、βージトスステロール
作 用 酸化防止、利尿、健胃整腸、抗アレルギー、緩下、血圧降下
適 応 老化防止、疲労回復、精神安定、動脈硬化高血圧便秘、アレルギー、骨粗鬆症生活習慣病
注 意 ・モロヘイヤの種子には、コルコロシド(corchoroside)などの強心配糖体や
 ストロファンチジン(strophanthidine)を含む。有毒なので絶対に食べてはいけない。
採取・製法 モロヘイヤの葉を採取し乾燥後ロースト。 乾燥し刻んだ葉ティー
部位・形状 モロヘイヤの葉、刻み。
香 り 葉を焙煎した良い香り
味 覚 香ばしいあっさりした味
使用方法 1カップに小サジ1杯を入れ熱湯を注ぐ。
乾燥したモロヘイヤとティー
ブ レ ン ド
(小サジ)
 骨の強化・・・・・モロヘイヤ1/2+シモン芋1/2+コラーゲン1/2+明日葉1/2
 老化防止・・・・・モロヘイヤ1/2+ルイボス1/2+ローズマリー1/2
備 考 モロヘイヤの花 モロヘイヤの実
モロヘイヤの花 モロヘイヤの実
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

モロヘイヤの安全性
クラス:分類なし ヒトに対する安全性については参考になる十分なデータは見当たらない。
・広く野菜として摂取されているため食品として食べるのであればほぼ安全である。
・種は猛毒なので食べてはいけない。〔上記注意の項目参照〕

【名称 英名 学名 用語】 索引
モロヘイヤの語源
・学名〔Scientific name〕
 Corchorus 〔コルコウルス〕 属名
  ギリシア語のKoreo〔掃除する〕と「Kore〔瞳〕に由来、これは目の病気によい効果
  〔ビタミンA〕があったことが語源。
 Olitorius 〔オリトリウス〕 種小名
  〔野菜畑の、台所用の〕という意味。野菜として一般的に食べられていた
・英名〔Herb tea〕
 Jute 〔ジュート〕
  黄麻〔こうま〕の意味。シナノキ科に属する植物の靭皮部分からとった繊維で、麻の一種である。
  耐水性には乏しいのですが、強度や光沢があり 紡績もしやすい ので大量生産できる。
  用途は導火線、畳表、ひも、袋(南京袋)、バッグ(エコバッグ)などがある。
  衣料用にほとんど使われない。主産地はインドやバング ラディシュ等だ。
 ジョーズマロー〔Jew's Mallow〕
・和名
 縞綱麻 〔しまつなそ〕
  ジュート繊維の代表的原料。別名で台湾綱麻、長実綱麻と呼ばれている。
 モロヘイヤ 〔もろへいや〕
  エジプトには重病を患ったエジプト王がモロヘイヤのスープを飲んだら回復したという
  故事があり、アラビア語で「王様の野菜」を意味するMolocheiya〔ムルキーヤ〕が
  モロヘイヤの語源となっています。
 Molocheiyaは、アラビア語のムルキーヤ(王家)のものという意味。
・生薬・・・長蒴黄麻〔チョウサクコウマ〕

モロヘイヤの歴史
・インド西部からアフリカ大陸〔エジプトやアラビア半島〕で、五千年前から常食されてきました。
・日本に入ってきた歴史はまだ浅く1980年代、栄養価の高さは、ほうれん草と比べてもカロチンが3倍・カルシウムが8倍・
 ビタミンB1/B2はおよそ10倍も含まれてる。

モロヘイヤの栽培と収穫
・この野菜は発芽と生育ともに適温は25~30℃程度であり、暑さには非常に強い作物です。ただし寒さには非常に弱く、
 10℃程度で生育を停止してしまいます。排水・保水性のよい土壌を好みます。
・収穫と摘心が表裏一体であり、収穫はつねに分枝を促し、次の収穫につながります。通常、30~50cmほどに生長した
 時に、下位の節4~6ほどを残し、先端の柔らかい10cmほどを折って摘み取るとよいでしょう。
 以後花蕾がみえしだい摘み取りを繰り返していきますが、摘み取り枝の下位には必ず2~3節を残し、次の芽の生長が
 できるようにしましょう。
・生の葉は野菜として使用する。乾燥した葉はお茶などいろんな食品に利用されている。

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved