大麦若葉は、骨粗鬆症を予防、動脈硬化の改善によいハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

体はギリギリまで症状を現さない スポンサーリンク
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
動脈硬化・・・血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態
心筋梗塞・・・冠動脈の動脈硬化により血管が閉塞する
脳卒中・・・脳血管障害の総称。脳梗塞、脳出血など
糖尿病性腎症・・・ネフローゼ症候群となり腎機能が徐々に悪化
糖尿病神経障害・・・足や手などの末梢神経の障害
糖尿病網膜症・・・失明の原因の第2位を占めている

  サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   大麦の若葉
名 称 大麦若葉
科名・属名 いね科 オオムギ属 一年草
学 名 Hordeum vulgare(ホルデウム ウルガレ)
和 名 おおむぎ〔大麦〕
ろくじょうおおむぎ〔六条大麦〕
ハ ー ブ バーレィグラス〔Barley Grass〕
ホイートグラス〔Wheatgrass〕
生薬名 大麦〔ダイバク〕
産地・分布 中東原産、世界各地
大麦の新芽
成 分 葉緑素、カロテン、ビタミンC、各種ミネラル、各種アミノ酸
作 用 コレステロール低下、血圧降下、浄血、骨強化、血管強化
適 応 骨粗鬆症高血圧動脈硬化シミ、ソバカス美肌(色素沈着)便秘生活習慣病
採取・製法 成長中の若葉を採取し刻んで乾燥 乾燥し粉末にした若葉ティー
部位・形状 大麦若葉の葉、茎、粉末
香 り ほとんど香りはしない
味 覚 味にクセはなく飲みやすい
使用方法 大麦若葉約3g〔小サジ1/3杯〕を1日3回
大麦若葉の粉末とティー
ブ レ ン ド
(小サジ)
 血液サラサラ・大麦若葉〔オオムギワカバ〕1/2+明日葉1/2+サラシア1/2+よもぎ1/4
 動脈硬化・・・・大麦若葉〔オオムギワカバ〕1/2+松葉1/2+田七1/4+ダッタンそば1
 美肌・・・・・・・・大麦若葉〔オオムギワカバ〕1/2+コラーゲン1/2+ルイボス1/2+ラズベリー1/2
備 考 大麦の穂 大麦の若葉
大麦の穂 大麦の若葉
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる

大麦若葉の安全性
クラス:分類なし ヒトに対する安全性については参考になる十分なデータは見当たらない。
・オオムギの葉、茎、発芽種子は、医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない
 成分本質 (原材料)に)区分される。
・大麦若葉そのもののヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータが見当たらない。

【名称 英名 学名 用語】 索引
大麦若葉の語源
・学名〔Scientific name〕
 Hordeum 〔ホルデウム〕  属名
  オオムギのラテン語の古名。
 vulgare  〔ウルガレ〕 種小名
  〔普通の、通常の〕という意味
・英名〔Herb tea〕
 Barley Grass 〔バーレィグラス〕
  〔ヒゲのような・イガのような〕を意味する古英語〔bealic〕が語源。
・和名
 大麦 〔おおむぎ〕
  〔子実を剥きにくい・剥くのに手間がかかる〕という〔むく〕から。
 六条大麦 〔ろくじょうおおむぎ〕
 裸大麦 〔はだかおおむぎ〕
  六条大麦と裸麦は古来より日本で栽培されてきた、押し麦や引き割り麦にして米に混ぜるなど
  雑穀としての使用のほか、麦茶の原料ともなる。
・生薬
 大麦〔ダイバク〕
  「大」は、小麦(コムギ)に対する穀粒や草姿の大小ではなく、
  大=本物・品質の良いもの・用途の範囲の広いもの、
  小=代用品・品格の劣るものという意味の接辞によるものである。
  大豆(ダイズ)、小豆(アズキ、ショウズ)、大麻(タイマ)の大・小も同様である。

広告

大麦若葉の歴史
・約一万年前の昔から、現在のイラクのあたり、メソポタミア文明が栄えた地域で栽培されていました。
 17万年前にアフリカのエチオピアから始まったといわれる人類が、中近東、アジアへと広がり、
 さらにシペリア、アラスカを経て南米までたどり着き、地球上のほぼ大陸全土に広がったのが
 約一万年前の旧石器時代です。
・新石器時代にシュメール人がメソポタミアにやってきて、この地で農耕と牧畜を始めました。
 彼らは生産性がとても高い大麦と小麦を栽培していました。食料が豊かにできるようになったため、
 食べるためだけに生きなくてもよくなっていった。神官や職人など農耕に従事にしない人々が出現し、
 それが文明を生むきっかけとなりました。
・古代エジプトでも大麦が主食のパンの原料として使われたことがヒエログリフに描かれています。
 エジプトでは紀元前約5000年頃から農耕が始まったと言われています。
 大麦と小麦はこの頃から栽培されていたと考えられます。
・大麦が日本に渡ってきたのは、1800年ほど前、約3世紀頃で小麦よりも1世紀早く伝わりました。
 日本では弥生時代の終わり、女王卑弥呼が邪馬台国を治めていた頃です。
 中国から朝鮮半島を通って伝わってきたと考えられており、奈良時代には日本でも広く
 栽培されていたことがわかっています。

大麦若葉の栽培と収穫
・西南アジア一帯に広く分布する野生二条オオムギH. spontaneum C. Kochが起源種と考えられている。
 およそ1万年前イラクの山岳地帯で野生二条オオムギから栽培二条オオムギが生じ、メソポタミアで
 栽培されるうち、紀元前7000年ころ突然変異で栽培六条オオムギができて、これがのちに世界中に
 伝わったと推定されている。
・二条と六条の違いは単一の遺伝子によって支配されており、二条が優性であることもこの考えの
 根拠となっている。また中近東の野生二条オオムギの集団のなかに生えているH. lagniculiforme Bakhteyevが、
 野生二条オオムギから栽培六条オオムギへの移行型であることが遺伝学的研究から証明されている。


著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved