ローズマリー(Rosemary)は、老化防止、若返りのハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

体はギリギリまで症状を現さない スポンサーリンク
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
動脈硬化・・・血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態
心筋梗塞・・・冠動脈の動脈硬化により血管が閉塞する
脳卒中・・・脳血管障害の総称。脳梗塞、脳出血など
糖尿病性腎症・・・ネフローゼ症候群となり腎機能が徐々に悪化
糖尿病神経障害・・・足や手などの末梢神経の障害
糖尿病網膜症・・・失明の原因の第2位を占めている

  サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   ローズマリーの葉
名 称 ローズマリー
科名・属名 しそ科 マンネンロウ属 常緑小低木
学 名 Rosmarinus officinalis
(ロスマリヌス オフィキナリス)
和 名 まんねんろう〔万年蝋〕
ハ ー ブ ローズマリー〔Rosemary〕 
ロスマリン〔Rosmarin〕
生 薬 名 迷迭香〔メイテツコウ〕
産地・分布 地中海沿岸原産、世界各地で栽培。
ローズマリー
成 分 ・精油〔モノテルペン炭化水素、シネオール(cineol)、ボルネオール(borneol)、
カンファー(camphor)、ピネン (pinene)リナロール(linalool)、ベルベノール]、
フラボノイド類[特にジオスミン]、フェノール酸、カルノシン酸[ロスマリシン]
作 用 中枢神経系の機能亢進、鎮痙、循環機能促進、血管壁強化、鎮痛、発汗促進、
病原体抑制、消化管機能改善、収斂駆風
適 応 記憶力・集中力低下、頭痛、軽い鬱症状、感情鈍麻、精神消耗、片頭痛、循環器機能不全、
老化防止〔若返り〕ストレス性消化管機能不全、
【外用】リウマチ、関節炎、神経痛、肉離れ、外傷、フケ、髪のつや太さの改善
注 意 ・過剰摂取は麻痺を起こす事がある。
・妊娠中は流産の原因になるので使用禁止
採取・製法 ローズマリーの成長期に葉を採取し乾燥。 乾燥した葉ティー
部位・形状 ローズマリーの葉、、小刻み。
香   り スパイシーな香り。
味   覚 爽やかな味。
使用方法 1カップに小さじ1杯を入れ熱湯を注ぐ。 乾燥したローズマリーとティー
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 軽い鬱症状・・・・・・・・・ローズマリー1/3+ラベンダー1/3+メリッサ1/2
 疲労回復・・・・・・ローズマリー1/3+セージ1/3+ペパーミント1/3
 肩こり・・・・・・・・・ローズマリー1/2+タイム1/2+メドウスイート1/3
備  考 ローズマリーの花 ローズマリーの葉
ローズマリーの花 ローズマリーの葉
・ローズマリーが【若返りのハーブ】と呼ばれているのは、体の細胞を酸化(老化)から守る
作用が強いからです。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる

ローズマリーと医薬品の併用
薬 剤
併用注意
シクロホスファミド〔抗がん剤〕
  〔種々のがんに対する化学療法に使用する〕
  併用によりハーブの抗酸化作用でシクロホスファミドの効果を減弱させる
・鉄を含有するサプリメントとの併用は避けた方がよい。
・健康な女性14名(25±5歳、デンマーク)を対象とした試験において、ローズマリーエキス0.1mmolを
 食事に添加したところ、非ヘム鉄の吸収率が低下したという報告がある。
・医薬品や他の食品、ハーブやサプリメントとの相互作用、臨床検査値に対する影響は知られていない。

ローズマリーの安全性
クラス:2 植物含有成分の使用に関する資格がある専門家〔医療従事者〕による
特別な指示がない限り、以下の使用制限が適用される。 
2b ・妊娠中に使用しない
・堕胎促進作用、経通作用、子宮収縮作用に注意する。
 ただしこれは治療用の目的の場合で、香辛料としての使用には直接当てはまらない。
・葉は医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) に分類される。
・既存添加物:抽出物は酸化防止剤、苦味料等の香辛料抽出物である。
 米国ではGRAS(一般的に安全と見なされた物質)認定。
・食品に通常含まれる量を摂取する場合はおそらく安全と思われる。
・医療目的での大量の使用は、子宮刺激および月経刺激作用があるため、危険性が示唆されている。
 特に妊娠中は使用を避けるべきである。
・授乳中の医療目的での使用量における安全性については充分なデータがないため、使用を避けるべきである。
・薄めていないローズマリーオイルを飲用するのはおそらく危険と思われる。
・過敏症のある人では、外用で光過敏症、発赤、皮膚炎が起こることがある。
 ローズマリーによる接触性皮膚炎の報告がある。
有効性
・ドイツのコミッションEは、消化不良に対する経口での使用を承認している。また、外用で血行不良および
 リウマチの補助的治療としての使用を承認している。
・他のハーブと組み合わせて外用で使用する場合、円形脱毛症に対して有効性が示唆されている。

広告

【名称 英名 学名 用語】 索引
ローズマリーの語源
・学名〔Scientific name〕
 Rosmarinus 〔ロスマリヌス〕  属名
  ラテン語の ros〔露〕 marinus 〔海の〕 が語源。春の海岸の崖に咲かせる青紫の小さい花が
  青いしずくのようにみえることに由来。
 officinalis 〔オフィキナリス〕 種小名 〔薬用の〕意味。
・英名〔Herb tea〕
 Rosemary 〔ローズマリー〕
  学名から。
 ※聖母マリアのバラ伝説〔Rose of Mary〕
  聖母マリアは、幼いイエスと共に追っ手から逃れている途中で、白い花の咲いた木の陰へ隠れた。
   隠れている間マリアは着ていた青色の上着を、その白い花の上に架けていました。
  追っ手が去った後、上着を取ってみると、なんと花の色が青い色に変わっていたのです。
  それ以来その木は、青い花をつけるようになりローズマリーと呼ばれるようになりました。
・和名
 万年蝋 〔まんねんろう〕
  〔常に香がする〕という意味のマンネンコウ〔万年香〕からの変化。
・生薬名
 迷迭香 〔メテツコウ〕
  中国での〔迷いを取り去り、頭をすっきりさせる香り〕の意味。

ローズマリーの歴史
・古代ギリシャ時代から、頭脳を明晰にし、記憶力を増すはたらきがあると信じられてきた。
 古代ギリシャの学徒たちは記憶力を高めるために、この小枝を髪にさしたと伝えられている。
・薬用として、中世紀の修道院では、盛んに栽培されていた。その花をリウマチや神経痛などの薬に、
 花や葉の煎汁を風邪や熱病の薬として用いられてきた。
・日本には江戸時代後期に渡来し、現在は観賞用、調味料、香料用に各地で栽培されている。

ローズマリーの栽培と収穫
・日当たりと水はけさえ良ければ特に土は選ばず、多くの場所でよく育ちます。
 肥料は、春先に与えておけばあとはほとんど不要です。夏の暑さや乾燥には強いのですが、
 枝葉が茂りすぎて下葉が枯れることがありますので、夏には収穫を兼ねて切り戻しをするとよいでしょう。
 鉢植えの場合は根詰まりしやすいので、鉢が小さくなったら植え代えましょう。
・耐寒性はありますが、東北地方以北や寒冷地では露地での冬越しがうまくいかないこともあります。
 露地の場合は寒風の当たらない場所に植え替えたり、枝基にワラや腐葉土を敷き詰めるマルチングを
 してあげましょう。
・初夏と秋に剪定を兼ねて収穫する。ドライになら夏の開花前の収穫だと香り強く残ります。
 天気の良い日に穂先を10cm程度摘み取る。 朝の内に、その日に乾燥できるだけ摘み取る。
 雨の後は湿気で、カビやすく、香りが弱いので収穫を避ける。  収穫したものは、ザルに薄く広げるか、
 束ねて風通しの良いところに吊す。


著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved