吸葛(すいかずら)は、上気道炎、化膿性の傷、口内炎などに飲用する

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

知らず知らずにいつの間にか症状が悪くなっている スポンサーリンク
口内炎・・・口の粘膜に生じる炎症の総称
歯周病・・・歯のまわりにある組織に起こる疾患
口臭・・・口から吐く息とともに出る臭い
気管支喘息・・・過敏性になり呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す
膀胱炎・・・細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす
過敏性腸症候群・・・便秘や下痢などの便通異常を伴う腹部症状
駆風・・・胃腸内のガスを排出させ、圧迫感を除く作用


サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   吸葛〔スイカズラ〕の葉と茎と蕾
名 称 すいかずら〔吸葛〕
科名・属名 すいかずら科 スイカズラ属 つる性多年草
学 名 Lonicera japonica(ロニケラ ヤポニカ)
和 名 すいかずら〔吸葛〕 にんどう〔忍冬〕
ハ ー ブ ジャパニーズ ハニーサックル
 Japanese Honeysuckle
生 薬 名 金銀花〔キンギンカ〕・・・花
産地・分布 中国各地、日本を含むアジア地区
スイカズラの蕾
成 分 タンニン、サポニン〔ロニセリン〕、ルデオリン、リナロール、ジャスモン、
ルイノシトール、ポリフェノール
作 用 解熱、抗菌、利尿、抗炎症
適 応 関節炎、上気道炎、化膿性の傷、口内炎、胃腸炎、乳腺炎
採取・製法 吸葛〔スイカズラ〕を夏場に採取後刻んで乾燥。 乾燥し刻んだ葉、茎ティー
部位・形状 吸葛〔スイカズラ〕の葉とつる性の茎、短冊刻み
香 り 香りはほとんどしない
味 覚 あっさりしたクセのない味
使用方法 1カップに約2g〔大さじ1杯〕を入れて熱湯を注ぐ
乾燥したスイカズラとティー
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 関節炎・・・・・・・・吸葛〔スイカズラ〕1/2+コラーゲン1/2+キャッツクロー1/2+甘草1/2
 口内炎・・・・・・・・吸葛〔スイカズラ〕1/2+なたまめ1/2+ジュニパー4粒
 胃腸炎・・・・・・・・吸葛〔スイカズラ〕1/2+タンポポ1/3+延命草1/4
備 考 スイカズラの花 スイカズラの葉
吸葛〔スイカズラ〕の花 吸葛〔スイカズラ〕の葉
・吸葛〔スイカズラ〕の名前の由来は、花を取り元から吸うと甘い蜜が出てくる事から
 付けられたと言われています。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

スイカズラの安全性
クラス:分類なし ヒトに対する安全性については参考になる十分なデータは見当たらない。
・通常量の摂取であれば問題はないと思われる。
・日本では古代より飲用されて来た歴史がありますので安全性についての問題点はないでしょう。

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる

【名称 英名 学名 用語】 索引
スイカズラの語源
・学名〔Scientific name〕
  Lonicera  〔ロニケラ〕 属名
  16世紀のドイツ植物学者Lonitzer 〔アダム・ロニツァー〕への献名。
  japonica  〔ヤポニカ〕 種小名 〔日本の〕意味。
・英名〔Herb tea〕ウッドバイン
 Honeysuckle 〔ハニーサックル〕
 Honey〔蜜〕 と suckle〔suck 吸う〕から 。和名の直訳でしょうか。
・和名
 吸葛 〔すいかずら〕
  花筒〔かとう〕の中に蜜があり、吸うと甘い味がする蔓性の低木ということから。
 忍冬 〔にんどう〕  
  生命力が強く冬でも緑の葉を保つことから、冬を耐え忍ぶという意味。
・生薬名
 金銀花 〔キンギンカ〕
  花の咲き始めは白いが、枯れる前になると黄色くなる花の色違いを表している。
 忍冬藤 〔ニンドウトウ〕・・中国

スイカズラの歴史
・歴史の中で最も古い薬草の一つです。時にはウッドバインとも呼ばれ、ヨーロッパでは
 泌尿器系、喘息、出産時の治療に広く使用されていました。
・漢方では忍冬の名前で記載されています。本草綱目には金銀花という名前が記され、
 金銀藤などの別名も記載されています。
・中国では、何千年もの医薬使用されています。 体から毒を解放し、体から熱をとる最も重要な
 薬草と考えられている。  
・忍冬唐草模様
 ギリシアの神殿などの遺跡でアカイア式円柱などに見られる草の文様が唐草文様の
 原型であり、メソポタミアやエジプトから各地に伝播したと考えられている。日本には、ギリシャから
 ペルシャ、中国(唐)を経て日本に伝わった。
 その代表的な模様が忍冬唐草模様と葡萄唐草模様でした。その後、文様の形や図案が変化して、
 蔓の上に様々な花を付け加えた。室町時代から江戸時代にかけて、菊、桐、牡丹などを配し、
 日本人の好みを反映させながら、日本独特の様々な唐草文様が生み出され来ました。
 忍冬は日本文化のルーツになる蔓性植物です。
・忍冬酒
 徳川家康が浜松を居城とするようになった頃から、遠州の薬味酒として、人気であった忍冬酒。
 広辞苑にも、浜松の名産であったと記されています。
 戦国時代としては異例な長寿を保った家康は、利尿、解熱、解毒に効果のある忍冬を、
 焼酎やみりんなどに漬けこんだ忍冬酒を愛飲していました。神谷権兵衛の製造により、
 浜松の名物と言われるまでになった忍冬酒。
 第二次大戦により製造を中止しましたが平成の世に再び蘇りました。美醂酒・蜜醂酒・
 蜜淋酒など、様々な文字で表現されていたみりんをベースに砂糖・着色料・着香料 無添加で
 造られたみりんベースの和リキュールです。

スイカズラの栽培と収穫
・日当たり良い場所を好みますが半日陰でも生育旺盛で蔓を伸ばします。
 そのままにしておくとはびこりすぎて困りますので、花後に切り戻すかいらないと思われる枝は
 切って下さい。
  種蒔きで殖やす事も出来ますが、夏または秋の終わりに挿し木すると容易に根が出ます。
 寒さには名前の語源の通り大変強いです。
・秋から冬にかけて、葉のついたまま茎を採取し、きざんで天日で乾燥させます。
・花は5~6月の開花期の蕾を採取して乾燥させる。

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved