トウモロコシは、腎機能低下による浮腫みや高血圧の予防に飲用するハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

病気を未然に防ぐことは大切です スポンサーリンク
インフルエンザ・・・ウイルスによる呼吸器疾患
熱中症・・・発汗機構や循環系に異常をきたして起こる病気。
夏バテ・・・食欲減退、水分の摂りすぎによる内臓機能低下
むくみ・・・水分が手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態
水虫・・・足に生じる白癬菌感染症(全白癬患者の65%程度)
葉酸・・・赤ちゃんの健全な発育や血液を造る働き
気管支喘息・・・過敏性になり呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す


サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   収穫前の実
名 称 とうもろこし
科名・属名 いね科 トウモロコシ属 1年草
学 名 Zea mays(ゼア マイズ)
和 名 とうもろこし〔玉蜀黍〕 とうきび〔唐黍〕
ハ ー ブ フリントコーン〔Flint corn〕〔実〕
コーンシルク〔ひげ〕〔Corn silk〕
コーン〔Corn〕・・米 メイズ〔Maize〕・・英
生 薬 名 玉米鬚〔ギョクベイシュ〕
南蛮毛〔ナンバンモウ〕【医】備考参照
産地・分布 南アメリカ原産、世界各地で栽培。
玉蜀黍(とうもろこし)
成 分 硝酸カリウム、ビタミンA、B1、E、、リノール酸
作 用 利尿、利胆、血圧降下
適 応 腎機能低下によるむくみ高血圧、湿疹
採取・製法 秋に完熟した種を採取し乾燥後焙煎。 乾燥し焙煎した種子ティー
部位・形状 とうもろこしの種子、姿。
香 り とうもろこしをローストした良い香り。
味 覚 とうもろこしは、香ばしいほんのり甘味のある味。
使用方法 1カップに小サジ1杯を入れ熱湯を注ぐ。
焙煎した玉蜀黍とティー
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 むくみ・・・・・・・とうもろこし1+蓮葉1+クミスクチン1
 高血圧・・・・・・とうもろこし1+柿葉1+明日葉1/2+羅布麻1/2
備 考 スイートコーン トウモロコシのひげ
とうもろこしの種子 とうもろこしのヒゲ
・南蛮毛はトウモロコシの【ひげ】の事で医薬品に指定されている。
 主に利尿剤として欧米では古から使用されていた。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

玉蜀黍(とうもろこし)の安全性
クラス:分類なし ヒトに対する安全性については参考になる十分なデータは見当たらない。
・人類の長い歴史の中で貴重な食料として摂取されて来た。通常の摂取では問題はない。

知らず知らずにいつの間にか症状が悪くなっている スポンサーリンク
口内炎・・・口の粘膜に生じる炎症の総称
歯周病・・・歯のまわりにある組織に起こる疾患
口臭・・・口から吐く息とともに出る臭い
気管支喘息・・・過敏性になり呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す
膀胱炎・・・細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす
過敏性腸症候群・・・便秘や下痢などの便通異常を伴う腹部症状
駆風・・・胃腸内のガスを排出させ、圧迫感を除く作用

【名称 英名 学名 用語】 索引
玉蜀黍(とうもろこし)の語源
・学名〔Scientific name〕
 zea 〔ゼア〕 属名 ギリシャ語で穀物を採るためのイネ科植物の意味。
 mays  〔マイズ〕 南米インディオの言葉でトウモロコシの意味。
・英名〔Herb tea〕
 Maize 〔メイズ〕 学名のmaysが語源。
 corn 〔コーン〕
  ギリシャ語で穀類の意味。 英語でも、トウモロコシだけとは限らない穀物全体を指す場合もある。
 Flint corn 〔フリントコーン〕
  食用にされる甘味のあるトウモロコシ
 Corn silk 〔コーンシルク〕・・・トウモロコシのひげ
・和名
 とうもろこし 〔玉蜀黍〕
  唐〔舶来に意味〕のモロコシが語源。漢字で表記すると唐蜀黍〔唐も蜀黍も中国の意味〕では
  重複するので、とうもろこしの別名の玉黍〔タマキビ〕の玉を用いた。
  とうきび 〔唐黍〕 上記と同じ意味。日本各地には、多くの俗名がある。
・生薬
 玉米鬚〔ギョクベイシュ〕
 南蛮毛〔ナンバンモウ〕
  トウモロコシのひげで漢方薬に指定されている。利尿作用がある  

玉蜀黍(とうもろこし)の歴史
・原産地と起源(きげん)は不明。、有力な説として、原産地はメキシコ、ボリビアなどの
 中南米付近、起源は今から5500年から7500年ぐらい前といわれています。
・1492年、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見した際、現地のカリブ人が
 栽培していたものを持って帰ったことでヨーロッパに伝わった。
・すぐに栽培が始まり、1500年にはセビリアにおいて栽培植物としての記録が残っている。
・伝播は急速であり、16世紀半ばには地中海沿岸一帯に広がり、16世紀末までにはイギリスや
 東ヨーロッパにも広がってヨーロッパ全土に栽培が拡大した。
・ヨーロッパにおいては当初は貧困層の食料として受け入れられ、それまでの穀物に
 比べて圧倒的に高い収穫率は、17世紀の危機を迎えて増大していた人口圧力を
 緩和することになった。
・大航海時代を迎えたヨーロッパ諸国の貿易船によってこの穀物は世界中にまたたくまに
 広がり、アフリカ大陸には16世紀に、アジアにも16世紀はじめに、そしてアジア東端の
 日本にも1579年に到達している。
・この伝播は急速なもので、1652年にアフリカ南端のケープタウンにオランダ東インド会社が
 ケープ植民地を建設した際には、すでに現地のコイコイ人には陸路北から伝播した
 トウモロコシが広まっていた。
・アフリカにおいては伝播はしたものの、19世紀にいたるまではソルガムなど在来の
 作物の栽培も多かった。しかし19世紀後半以降、鉱山労働者の食料などとしてトウモロコシの
 需要が増大し、また労働者たちは出稼ぎを終えて自らの村に戻ってきた後も慣れ親しんだ
 トウモロコシの味を好むようになった。
・トウモロコシはソルガムよりも熟すのが早いため、従来の端境期においても
 収穫することができた。このため、特に東アフリカや南部アフリカにおいてソルガムから
 トウモロコシへの転換が進んだ。
・トウモロコシはソルガムに比べて高温や乾燥に弱かったため、サヘル地帯などの
 高温乾燥地帯では旧来の雑穀を駆逐するまでにはいたらなかった。
・日本には1579年にポルトガル人から長崎または四国にフリント種が伝わった。
 本格的に栽培されるようになったのは、明治初期にアメリカから北海道にスイートコーン、
 デントコーンが導入されてからである。

玉蜀黍(とうもろこし)の栽培と収穫
・トウモロコシは他のイネ科穀物と違い、祖先野生種が見つかっていない。
・起源には2つの主要な説があるが、どちらにせよ、作物化は他のイネ科穀物よりは
 困難だったと思われる。
・メキシコからグアテマラにかけての地域に自生していたテオシントteosinte
 トウモロコシの亜種とされる Zea maysmexicana または Euchlaena mexicana
 和名ブタモロコシが起源だとする説。ただし、テオシントは食用にならない小さな実が
 10個程度生るのみで、外見もトウモロコシとは明らかに違う。
・2つの種を交配させて作り出されたとする説。
 祖先の候補としては、絶滅した祖先野生種とトリプサクム属 Tripsacum、トリプサクム属と
 テオシントなどがある。
・紀元前5000年ごろまでには大規模に栽培されるようになり、南北アメリカ大陸の
 主要農産物となっていた(ただし、キャッサバを主食としたアマゾンを除く)。
・新大陸においてはアマランサスやキノアなどの雑穀を除くと唯一の主穀たりうる穀物であり、
 マヤ文明やアステカ文明においてもトウモロコシが大規模に栽培され、両文明の根幹を成していた。
・南アメリカのアンデス山脈地域においてもトウモロコシは重要であり、インカ帝国では
 階段状の農地を建設しトウモロコシの大量栽培をおこなっていた。

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved