アドレナリン(Adrenaline)は、アナフィラキシーショックや敗血症に使用する

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

アドレナリン〔Adrenaline〕
名  称 ・1900年に高峰譲吉と助手の上中啓三がウシの副腎から世界で初めて結晶化した。
 生物学の分野では世界共通でアドレナリンと呼んでいるのに対して、医学では、エピネフリンと呼ばれる。
・日本では医薬品の正式名称を定める日本薬局方が改正され、2006年4月より、一般名が
 エピネフリンからアドレナリンに変更された。アメリカでは、エピネフリン (epinephrine)と呼ばれる
作  用 ・交感神経が興奮した状態、すなわち「闘争か逃走か」のホルモンと呼ばれる.動物が敵から身を守る、
 あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当するストレス応答を、
 全身の器官に引き起こす。
適  用 ・アドレナリンは心停止時に用いたり、アナフィラキシーショックや敗血症に対する血管収縮薬や
 気管支喘息発作時の気管支拡張薬として用いられる。
併用禁忌 ・カフェイン(カフェイン飲料・製剤) - 相互に作用を増強させ、心臓に負荷をかける。
 突然死の原因につながることもある。
・タバコ(喫煙) - 相互に作用を増強、精神活動を賦活、錯乱を招く恐れがある。
・ 血管拡張作用のある薬 - 血管収縮作用を減弱させ、相互に効力を弱める。
・ ブチロフェノン系、フェノチアジン系薬等(α遮断作用のある薬) - アドレナリンの作用を逆転させ、
 急激な血圧降下を起こす。
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved