アスピリン過敏症は、気管支喘息(ぜんそく)、鼻炎、じんま疹などの症状が出ることをいいます

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

ア ス ピ リ ン 過 敏 症
説  明 ・アスピリンはアセチルサリチル酸という解熱鎮痛薬です。アスピリン過敏症とはアスピリンや
 その他の酸性解熱鎮痛薬を服用することで、気管支喘息(ぜんそく)、鼻炎、じんま疹などの症状が
 出ることをいいます。アスピリン過敏症は成人に多くみられ、
 女性は男性の1・5倍といわれています。非アレルギー性の反応ですが、真のメカニズムは不明です。
症  状 気管支喘息、鼻炎、じんま疹のすべてを起こす場合と、喘息だけ、あるいはじんま疹だけを起こす
 場合があります。特にに喘息のある人では激しい発作を起こし、これをアスピリン喘息といいます。
 鼻茸(はなたけ)(鼻の粘膜にできる腫瘍)や慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)を合併している人に多い。
検  査 ・アスピリンの負荷試験により診断します。アレルギー反応ではないので、薬剤アレルギーの
 血液検査やプリックテストなどの皮膚テストは陰性になります。
注  意 ・過敏症の方は、アスピリンなどの解熱鎮痛薬を避ける。発熱時など、どうしても薬が必要な時は
 酸性解熱鎮痛薬以外の薬剤(アセトアミノフェン、ソランタールなど)を医師から処方してもらうとよい。
 ハーブティーや健康茶、野菜などサリチル酸化合物を含むものも、服用は、避ける。
 なお、色素や防腐剤などの食品添加物でも症状が出ることがあるので、注意を要します。
  ・着色料・・・・・黄色4号などのアゾ色素
  ・防腐剤・・・・・安息香酸ナトリウム、ベンジルアルコール、パラペンなど
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved