女性に多い膀胱炎症に飲用するハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

膀胱炎
概  要 ・大腸からの細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症です。
 急性膀胱炎は、10代後半から20~30代の女性に多く発症します。
 女性は、外尿道口が腟の付近あり、更に尿道が短いため細菌が膀胱内に侵入しやすく
 汚染されやすい。
・慢性膀胱炎は、自覚症状がほよんどなく、膀胱機能低下や前立腺肥大症などの病気が
 原因で発症する。
原  因 ・膀胱内の尿には少量の細菌が存在しており、また、膀胱は細菌への抵抗力があります。
 疲労やストレスなどで、体力が落ち抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり細菌が増殖する。
 原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌などですが
 80%前後が大腸菌によるものです。
症 状 ・排尿痛、頻尿、尿混濁、下腹部の不快感などの特徴的な症状が急激に現れます。
検  査 ・尿検査で診断
 尿中に一定数以上の白血球と細菌を認めれば膀胱炎と診断。
 尿の細菌培養検査も同時に行い培養検査で細菌が検出されない場合は、薬剤性膀胱炎や
 間質性膀胱炎などの特殊な膀胱炎を疑います。
治  療 ・膀胱炎は細菌感染症なので、抗菌薬を使用。
 経口抗菌薬を3日間ほど内服し内服を開始して1日程度で、症状は改善する。
 膀胱内の細菌を洗い流すために尿量を増やす必要があるので、頻尿や排尿痛をいやがらず
 水分を十分に摂取することが大切です。
予  防 ・一般の市販薬として薬局でも購入できますが、抗菌薬が効きにくい耐性菌が増加しています。
 膀胱炎以外の病気が潜んでいる可能性があるので病院を受診する。
・再発予防には、水分補給と排尿を我慢しないことが有効とされています。繰り返し再発する場合は、
 泌尿器科専門医の診断が必要です。
ハーブ スギナ・・・膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、爪と髪の艶糖尿病網膜症、夜尿症
ドクダミ・・・膀胱炎、化膿性のニキビや吹き出物、、便秘、痔、高血圧
ジュニパー・・・膀胱炎、尿道炎、腎炎リウマチ痛風、関節炎、ニキビ、肥満、糖尿病
エキナセア・・・膀胱炎、ニキビ、皮膚疾患、真菌感染(水虫)、敗血症、膿瘍、片頭痛
クミスクチン・・・腎盂炎、膀胱カタル、腎臓カタル、過敏膀胱、膀胱炎、細菌尿症、尿路結石
メドウスイート・・・膀胱炎、胃酸過多、胸やけ(逆流性食道炎)、胃炎、消化性潰瘍
ノコギリヤシ・・・頻尿、夜間の放尿、排尿困難、膀胱炎、抜け毛予防、前立腺肥大症
ミント・・・逆流性食道炎片頭痛疝痛過敏性腸症候群、つわり、インフルエンザ、風邪、貧血
ジュニパー
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved