胃がん予防には、ピロリ菌の除菌に有効なハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

がん(悪性腫瘍)について スポンサーリンク
がん(悪性腫瘍)・・・浸潤し増殖・転移する悪性のもの
肺がん・・・死亡率1位。煙草などが原因です。
・胃がん・・・男性が女性より多い。早期発見が重要です。
肝臓がん・・・肝炎ウイルスが原因。お酒の飲みすぎに注意。
大腸がん・・・食生活の欧米化が増加の原因と言われている。
乳がん・・・女性の約20人に一人。定期検診で早期発見
子宮がん・・・早期発見では、ほぼ治せます。

  サイト内の関連するページと広告

主要五大がん
がん全般 (肺がん、胃がん、乳がん子宮がん大腸がん
胃がん・・・・・
概  要 ・胃の悪性新生物の95%を占める上皮性(粘膜由来)の悪性腫瘍で、日本では肺がんに次いで
 死亡率の高いがんです。男女比は2対1と男性に多く、男女とも60代に発症のピークがあります。
・深達度により早期がんと進行がんに分れる。早期胃がんは大きさやリンパ節への転移の
 有無に関係なく、深達度が粘膜内または粘膜下層までにとどまるもの。
 早期発見の技術や手術成績が優れており、近年の有効な抗がん薬の開発も相まって
 治癒率は明らかに改善しています。
原  因 ・環境因子の影響。
 ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が胃に住み着いて胃がんの原因になっている。
 1994年に国際がん研究機関によって〔確実な発がん因子〕と分類された。
 ピロリ菌により慢性の炎症が起こり、慢性萎縮性胃炎をへて胃がんの発生母地の腸上皮化生へ変わる。
 日本人(50歳以上)の約8割が保菌しています。
 ピロリ菌保菌者で粘膜の萎縮の強い人は、正常者に比べて5倍も胃がんになりやすい。
 ピロリ菌保菌者で腸上皮化生の人は、正常者に比べて6倍も胃がんになりやす。
 ピロリ菌保菌者が胃がんに移行する確率は0・4%と低く、ピロリ菌感染だけでは胃がんにならない。
 ピロリ菌によって萎縮性胃炎が進行したところにさまざまな発がん因子が積み重なり、胃がんが
 発生すると考えられる。
・たばこ、高塩分食、魚や肉などの焦げは発がん促進因子とされる。
・緑黄色野菜に含まれるビタミンA、C、カロチンは発がん抑制因子とされる。
・胃がんとピロリ菌感染による胃潰瘍との間に因果関係はない。
・胃ポリープの一部(腺腫性ポリープ)は前がん病変と考えられるが、がん化率はそれほど高くない。
症  状 ・早期胃がんのは、無症状で、一般には上腹部痛、腹部膨満感、食欲不振を
 契機 に、X線造影検査や内視鏡検査で偶然に発見されます。
・進行がんは、体重の減少や消化管の出血(下血や吐血)などがみられ、触診で、 上腹部にでこぼこの硬い腫瘤を触れることもある。腹水がたまったり、体表に
 リンパ節が触れるような場合は、がんが全身に広がったことを示し、
 このような場合は手術の対象にはなりません。
キャッツクロー

体はギリギリまで症状を現さない スポンサーリンク

高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
動脈硬化・・・血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態
心筋梗塞・・・冠動脈の動脈硬化により血管が閉塞する
脳卒中・・・脳血管障害の総称。脳梗塞、脳出血など
糖尿病性腎症・・・ネフローゼ症候群となり腎機能が徐々に悪化
糖尿病神経障害・・・足や手などの末梢神経の障害
糖尿病網膜症・・・失明の原因の第2位を占めている

胃がん・・・・・
検  査 ・バリウムによる胃の二重造影法
・電子スコープと内視鏡による組織の採取が可能な内視鏡検査。
・良性・悪性の最終診断は内視鏡下に組織を採取し、病理医による組織診断により決定。
 胃がんは病理学的には、大部分が正常の胃粘膜構造に似た分化型腺がんに分類されます。
 病理診断は良性・悪性の質的な診断であり、これだけでは病期(がんの進行度)を決定できない。
・がんの治療方法は、病期によって決まる。
 病期はがんの深達度と広がりの程度によってI期からIV期に大きく分類され、
 深達度とリンパ節への転移に応じてI期はIAとIBに、III期はIIIAとIIIBに亜分類されます。
 がんの深達度を評価するには、内視鏡の肉眼所見に加えて超音波内視鏡が有用
・胃外への病気の広がり(リンパ節転移、他臓器転移の有無)を知るためにCTを行います。
治  療 ・日本胃癌学会が病期に応じた標準治療のガイドライン
 IA期に対する内視鏡的粘膜切除術は、肉体的負担が少なく、胃の機能が温存できて入院期間も
 短いので積極的に行われている。
・ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術、コラム)では、大きい病変をひとかたまりで切除する。
・手術不能な場合
 抗がん薬治療は、ベストサポーティブケア(BSC:抗がん薬を使用しない対症療法)と比較試験の結果、
 延命効果が証明されている。(生存期間中央値がBSCの3~4カ月に対し、抗がん薬治療が10カ月)。
・セカンドオピニオン
治療方法に悩んだ時は、他の専門家に第三者の立場から参考意見を求めることも可能です。
 主治医に遠慮せずに申し出ると、必ず必要な資料を提供してくれるはずです。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対してはピロリ菌の除菌療法が標準治療となっていますが、除菌によって
 胃がんの抑制作用ついては、現在研究中ですが明確な答が出るには時間がかかりそうです。
予  防 ・体重の減少や消化管の出血が認められたら近くの消化器専門医を受診し、医師の判断に従って
 内視鏡検査を受ける。。
・無症状でも40歳を超えたら、内視鏡かX線検査による健康診断を定期的に受けることが早期発見になる。
・早期に発見された人の5年生存率は97%であり、早く見つければほぼ完全に治せる病気です。
・食生活の改善により予防できる余地があり、バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。
ガン保険 ・現在のがん治療は、医療技術の発達もあり、治る率も高くなってきています。
 手術後の回復も早く、術後2週間程度で退院、その後は通院での治療というケースも増えています。
 通院での治療がメインとなると、この部分に対応していない保険では保障されないこととなります。
 体にメスをいれないことで回復が早くなる重粒子線治療などの先進医療に対応していないがん保険では、
 治療の選択ができません。抗がん剤への対応。術後、がんの再発・転移などを抑えるため抗がん剤の
 投与をするケースは多いのですが、この負担は大きく長期間にわたるケースも多くなっています。
・現在のがん保険を選ぶ場合は、診断・手術・入院の3点セットに加えて、通院、先進治療、
 抗がん剤治療への対応が不可欠です。
ハーブ ガジュツ・・・ヘリコバクター ピロリ菌の除菌、、胃・十ニ指腸潰瘍、消化器不全、ダイエット、便秘、解毒
※がん予防に良いとされるハーブ
エキナセア・・・抗がん、治癒力強化、インフルエンザ、ウイルス感染、エイズ、ウイルス性肝炎ヘルペス
キャッツクロー・・・抗がん、腫瘍抑制、ウイルス性肝炎肝機能障害リウマチ気管支喘息疲労
紫イペ・・・がん予防、糖尿病リウマチ、関節炎、各種疾患の痛み、アトピー貧血
桑黄・・・免疫力低下、がん予防、多汗症、更年期障害
霊芝・・・がん予防、免疫力強化、治癒力増強、自律神経失調症、循環機能改善、不眠、肝臓疾患、
カバノアナタケ・・・がん予防、インフルエンザ、エイズ、糖尿、病気予防、高血圧
アガリクス・・・がん予防、自律神経失調症 、生理不順、更年期障害アレルギー動脈硬化
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved